スタイリング剤

『資生堂 ザ・グルーミング グリースを美容師がレビュー』しっかり髪にツヤを与える&髪にも手にも残留しにくい

こんにちわ、ワックスは相棒と思っている美容師ブロガーのすじ(@suji_sujirog)です。

スタイリング剤は大きくワックス系とジェル系に分かれます。

ジェル系はビジネスマンの人にとてもよく使われているスタイリング剤の1つです。

バーバースタイルにする時によく使われるスタイリング剤です。

なぜなら強いセット力と髪にツヤを与えてくれるから。

今回はそのジェル系の中でもグリース系と呼ばれるアイテムがあります。

すじ
すじ
それが「ザ・グルーミング グリース

グリース」はツヤを出してくれるスタイリング剤です。

ビジネスマンにはピッタリなアイテム。

大きさも大きくないので持ち運びにも便利。

なので今回は「『資生堂 ザ・グルーミング グリースを美容師がレビュー』しっかり髪にツヤを与える&髪にも手にも残留しにくい」について書いていこうと思います。


グリースのボトルと成分

グリース」はツヤを出してくれるスタイリング剤です。

持った感じは少し小さめかなと感じます。

ふたを開けるとこんな感じ。

すじ
すじ
色が琥珀色になっていて高級感がありますね。
成分一覧 クリックで表示

水、コハク酸PEG-50水添ヒマシ油、グリセリン、エチルヘキサン酸セチル、DPG、PEG-60水添ヒマシ油、セデス-25、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、オレス-2、ステアリン酸PG(SE)、(VP/VA)コポリマー、メントール、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、乳酸、乳酸Na、ベヘニルアルコール、水酸化K、エタノール、ポリアクリレートクロスポリマー-3、BHT、トコフェロール、シリカ、アデノシン、フェノキシエタノール、香料、カラメル

成分の特徴的に以外にも保湿をしてくれる成分が多く配合されています。

その他にバリア改善作用、温感作用、感触改良、抗菌作用、ピーリング作用、収れん作用、pH調整作用、清涼作用

などの効果が期待出来そうです。


グリースの使用感

グリース」はツヤを出してくれるスタイリング剤です。

手に出すとジェルより固めなので手に馴染みやすそうです。

香りはヒノキの香りでとてもいい香り。

髪につけたら期待通りにツヤがしっかり出ました。

しかし、ある程度セット力はあるんですがしっかり髪を立ち上げたい時にはドライヤーを使うなどの工夫が必要なのが少し残念です。

横の毛やえり足のボリュームを抑えたい時などにも使えると思います。

見出しにも書きましたが髪につけた後手を洗うとセッケンで洗わなくてもしっかり取れます。

すじ
すじ
とゆうことは髪についている「グリース」もすぐ取れるとゆうことです!

残留しないので髪にもお肌にも優しいスタイリング剤だと思います。

グリースの使用量

使用量は人により違いがあると思います。

1つの参考例として自分が使っている量を紹介します。

だいたいこのぐらいです。

このぐらいの量があれば全体的にしっかりつけれます。

あとは髪の長さと量で調整が必要なので、足りない場合は少しづつ足していく感じで調整してください。


グリースのレビューまとめ

本記事は「『資生堂 ザ・グルーミング グリースを美容師がレビュー』しっかり髪にツヤを与える&髪にも手にも残留しにくい」について書きました。

先程も書きましたがビジネスマンにおすすめできるスタイリング剤です。

その他にも結婚式やイベントがある時ピシっとしたい時にも使えるので1つ持っていると重宝すると思います。

最後に同じ「ザ・グルーミング」のシリーズを紹介します。

1つ目の記事は男性特有の嫌なニオイや髪のボリュームを出したい人におすすめなシャンプー&トリートメントなので参考にしてください。

2つ目の記事は「ザ・グルーミング」シリーズの「ワックス」です。

ベタつきたくない人やペタっとしたくない人におすすめなので参考にどうぞ。

3つ目の記事は「ザ・グルーミング」シリーズの「バーム」の記事です。

ナチュラルなスタイリングをしたい人におすすめなので参考にしてください。

4つ目の記事は「ザ・グルーミング」シリーズのUVスプレーです。

メンズ専用で紫外線対策を考えている人は参考にしてください。

すじ
すじ
自分に合ったものを使って今よりもキレイになりましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

これが少しでも参考になれば嬉しいです!

以上、美容師ブロガーのすじ(@suji_sujirog)でした!